はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

フラット35

住宅ローンを組む際に優先的に検討することは「公的融資を利用できないか?」です。

一般的な考え方

フラット35は、銀行と住宅金融支援機構(旧「住宅金融公庫」)が提携して商品化した長期固定金利住宅ローンです。

金利は変動金利が固定金利より低いのですが、長期的に考えると金利が安い時は固定金利型商品を選択したほうがリスクが少なく、かつ有利です。
したがってまずフラット35を検討しましょう。

フラット35は全期間を通じて同じ金利の商品のほかに、返済期間が10年経過した時点で金利が変更される「段階金利」の固定金利型商品もあります。

フラット35の特徴1

フラット35は銀行が融資したローンの債権を住宅金融支援機構が買い取り証券化して投資家に販売することによって成り立っています。
金利や融資手数料は各銀行によって異なりますので、銀行ごとに比較検討する必要があります。

フラット35の特徴2

フラット35は、繰上返済を何回でも手数料なしで行うことができることです。

フラット35の特徴3

フラット35が借りられる住宅は限られています。
普通、住宅建築の際は「建築基準法」に適合させる必要がありますが、フラット35が適応される住宅は、住宅金融支援機構において独自の技術基準を定め、物件検査を行って合格した物件だけです。
したがってある意味、住宅の審査基準が高いためフラット35が借りれれる住宅はそれだけ安心だとも判断できます。

a:2841 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional