はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

仲介手数料

仲介手数料について解説いたします。

不動産会社に支払う仲介手数料は
「3%+6万円」+消費税
です。

どのようなときに仲介手数料が発生するか・・・・

仲介手数料は取引が「媒介(仲介)」「代理」の場合支払う必要が出てきます。

取引の種類についてはどのような種類があるか・・・

不動産取引の種類は「売主」「媒介(仲介)」「代理」に分けられます。

  • 売主
    不動産会社が売主となる場合です。この場合は仲介手数料が不要です。
  • 媒介(仲介)
    中古住宅の場合、そのほとんどが、売主が個人で不動産会社に売却を依頼します。買主は不動産会社を通して購入します。このような取引を媒介(仲介)と言います。媒介(仲介)と表示されている不動産業者を通して中古住宅を購入する際は仲介手数料が必要となります。
  • 代理
    売主を代理して不動産会社が売買契約を行います。売主の代理人として不動産業者が中古住宅を売るわけですから、一般的には仲介手数料を取りません。しかし、買主から仲介手数料をもらう場合もありますので注意が必要です。

仲介手数料はどのように計算するか・・・

  • 仲介手数料計算式
    「売買代金が200万円以下の部分の金額」× 5%
    「売買代金が200万円超400万円以下の部分の金額 」× 4%
    「売買代金が400万円超の部分の金額」× 3%

という計算に基づいて、仲介手数料の限度額が決められています。
仲介手数料計算例

  • 仲介手数料計算例
    売買代金が1,000万円だった場合の仲介手数料は次のように計算します。
    • 200万円以下の部分の計算
      200万円×5%=10万円
    • 200万円超400万円以下の部分の金額の計算
      400万円―200万円=200万円なので
      200万円×4%=8万円
    • 400万円超の部分の計算
      1000万円―400万円=600万円なので、
      600万円×3%=18万円

したがって、この場合の仲介手数料の限度額は、
10万円+8万円+18万円=36万円(①+②+③) 
となります。

a:5566 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional