はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

内覧注意事項

中古住宅を購入する際は中古住宅を必ず見て(内覧)次の点をチェックしましょう。

日あたり

何時から何時まで日が当たるかを確認します。1日中、日あたりが良い中古住宅は当然高価ですし、都心部ではまずそのような中古住宅はありえません。日が当っている時間を確認して自分の生活パターンに合っているかを確認します。

広さ、間取り

広い中古住宅は駅から遠いです。広さと利便性は同時に求めることは非常に難しいです。
家族数や家族構成にあわせて最低必要な広さ、部屋数を決めてから見学に行きましょう。間取り図で広く見えても実際には圧迫感があったりして床面積ほど広さを感じないものもあります。実際に目で見て確認しましょう。

内装、設備の痛み方

基本はリフォームが必要なくらいの傷み方か、我慢すればそのまま使えそうな痛み方か
を判断することです。
見学する際はスリッパを使わずに見学しましょう。床が浮いていたり、傾いていたりする感じがわかります。

ふすまや障子はきっちり閉めて隙間があいているか否かをチェックします。
お風呂は大きさとカビの状況をチェックしました。今は一坪の浴室が主流ですが中古住宅では狭いものもあります(狭い場合は値引き交渉に利用)。カビは換気をチェックするためです。内覧の場合はどこの家でも奇麗にしているもの。ハウスクリーニングを入れていない場合でもカビが生えている場合は、実際に住んだ場合は相当カビに悩まされると判断しました。

天井に石膏ボードを使用している場合は亀裂もチェックします。

隣家との距離

隣家から覗かれる窓がないかをチェックしました。また隣家との距離が狭い場合は日あたりも悪く、風の通り抜けも期待できませんので湿気が溜まりやすくなります。

外の音がどのくらい入ってくるかをチェックしました。幹線道路に面している中古住宅や、近くに学校がある中古住宅は要チェックです。

外回り

素人にはわかりませんが、最低限外壁の亀裂はチェックしましょう。特に外壁と基礎の間は要チェック個所です。
また道路や隣地から敷地が高いか低いかをチェックします。
さらに付近の様子もチェックします。家の前に町内会のゴミ置き場がある場合等は図面ではわかりませんので必ず現地に行って確認します。
庭先や北側外壁に苔がある場合は、よほど湿気が多いのでしょう。このような点は、売主は知っているはず。営業マンがしっかり説明してくれるかもあわせてチェックしましょう。
隣地が空き地の場合はどのような建築物を建てることができるか営業マンに確認します。
擁壁は亀裂をチェックします。

リフォームされた箇所又はリフォーム予定箇所

リフォーム個所は事前に専門家に見てもらって見積書を入手することが大切です。
意外と盲点なのは家具の置き方です。採光や間取りに気を取られていると家具が置けなったり、家具を置いたら部屋の使い勝手が悪くなったりします。購入前にしっかりとシュミレーションを行いましょう。

付近の様子

物件が気に入ったら付近を必ず歩いてみます。

建て替えの際の制限

購入した中古住宅を将来的に立て替える場合の制限を聞きます。容積率の関係で今の物件と同規模物件が建設できない場合や、セットバックしなければならない場合ありますので事前に確かめましょう。

いい中古住宅だと、当然見る時間が長くなります。すると営業マンは「購入申込書」記入を進めてきます。一度自宅で再検討することをお勧めします。
その中古住宅が初めて広告に出てどのくらい売れていないかを営業マンに聞いてみてください。数カ月売れてなければ、あわてて申し込む必要はありません。どうしてすぐ売れないかを営業マンに聞いてみることが大事です。そして正直に教えてくれる営業マンを見つけることがもっと大事です。

a:16808 t:1 y:6

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional