はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

持家or賃貸

「持家」にするか「賃貸」にするかを選択しよう!



不動産神話の崩壊で、資産運用面で土地や住宅を所有する意味が薄れつつあります。

実際に不動産業界では、建物の登記が完了した時点でその建物価格は3割減、10年で半値になると言われています。
さらに土地価格も下落傾向にあります。

したがって最初に決めなければならないのは「持家」にするか「賃貸」にするか選択を行うことです。

持家のメリット

  • 家賃を払わなくていい。
  • 自分の資産になる。
  • 室内のリフォームは比較的自由にできる。(これは最大のメリットだと思います)
  • 持ち家があることで、社会的信用が上がる。
  • 賃貸住宅に比べて家屋のグレードが高い。

持家のデメリット

  • 一度購入すると、簡単には引っ越せない。
  • 固定資産税を払わなければならない。
  • 将来、値下がりするリスクがある。
  • 多額なローンを組んでしまうと、ローンに縛られて自由な生活ができなくなる。

賃貸住宅のメリット

  • ライフプランに合わせて生活の拠点を変えることができる。(大きなメリットです)
  • 住宅ローンに追われる心配がない。(これも大きなメッリトです)
  • 土地が値下がりしても損はしない。

賃貸住宅のデメリット

  • 室内を自由にリフォームできない。
  • 家賃を払い続けても自分のものにならない。(当然のことですが・・)
  • 家族向けの広い賃貸住宅が少ない 。
  • 賃貸仕様の物件は、家屋のグレードが一般的に低い。(設備が安価、壁が薄い、高級感がない等の問題がある。)
  • 分譲仕様の賃貸(家主が転勤等で一時的に貸している物件)はオーナーの都合で契約が解除されるリスクがある。

以上の長所、短所を踏まえて、持家にするか賃貸住宅にするかを家族でじっくり話し合いましょう。

a:3910 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional