はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

物件の確認引き渡し

中古住宅の確認引き渡しについて解説いたします。

中古住宅の確認引き渡し

自己資金とローンの金額を合計して残金を支払います
ローンが実行される銀行口座に自己資金を用意しておくと便利です。
残金を支払う日と物件の引き渡し日は同じ日に設定されます。

中古住宅の確認引き渡しは一般的に売主、司法書士、仲介業者、買主が銀行の一室を借りて物件の引き渡しを行います。

注意点は売主が設定している抵当権がしっかり末梢されていることを確認することです。

中古住宅の確認引き渡しの流れ

  • 司法書士が売主の確認を行います。
  • 権利証、印鑑証明、抵当権抹消書類を確認します。
  • 所有権移転登記書類に署名押印します。
  • 残金、清算金、仲介手数料を支払います。
  • 物権を引き渡し、引き渡し書類に署名押印します。
  • 領収書等をチェックします。
a:7964 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional