はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

物件情報収集

中古住宅購入:物件情報を集めよう!



いきなり自分の住みたい家のプランを立てるのは素人には無理です。
家族の多くの希望をまとめておおよそのイメージができたら、まず中古住宅物件情報を集めて中古住宅を見ましょう。
ある程度中古住宅を見ることによって、住みたい地域の相場がわかりますし、
資金に見合った中古住宅のおおよそのイメージを持つことができます。そして、高望(タカノゾミ)の部分は修正し、台所の動線や各部屋の収納など現実的な要素を追加して、自分の資金計画に合った中古住宅購入プランをまとめていきましょう。

中古住宅の物件情報の調べ方

不動産広告は物件の外観や間取り図に気を取られてしまいますが、本当に大事なのは広告の片隅に書いてある「物件情報」です。
この「物件情報」のポイントは押さえておきましょう。

所在地と交通手段

当然押さえる項目ですが、駅徒歩○〇分となっていても実際に歩いてみないとわかりません。またバス便の場合はバスの運行時間、運行本数は調べておきましょう。
私が地方に住んでいた時、私の家の前にバス停があるのですが通勤通学時間帯以外は2時間に1本しか運行しておりませんでした。広い物件は駅から遠く、バス利用が一般的です。必ず現地の時間、交通渋滞状況は調べておきましょう。

用途地域について

用途地域も要チェック項目です。住宅の近辺にどのような施設が建てらるるかがおおよそイメージできます。居住用であるならば第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域で選びたいところです。

住居に適した地域

  • 第一種低層住居専用地域・・・2階建て程度の住宅やアパート、小規模店舗の用途地域
  • 第二種低層住居専用地域・・・2階建て程度の住宅やアパート、コンビニ等のやや広い店舗がある用途地域
  • 第一種中高層住居専用地域・・・500平方メートルまでの店舗、公共施設、病院がたてられる用途地域
  • 第二種中高層住居専用地域・・・小規模スーパー等も建てられる用途地域
  • 第一種住居地域・・・10000平方メートルまでの一定条件の店舗、事務所、ホテル、パチンコ屋、カラオケボックス、小規模な工場が建てられる用途地域。

便利だが住居に適さない地域

  • 第二種住居地域・・・10000m2までの店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス等、小規模な工場が建てられる用途地域。
  • 準住居地域・・・10000m2までの店舗・事務所・ホテル・パチンコ屋・カラオケボックス、車庫・倉庫、小規模な工場が建てられる用途地域。
  • 近隣商業地域・・・駅前商店街のイメージ。ほとんどの商業施設・事務所、店舗、ホテル、パチンコ屋、カラオケ ボックス、映画館、車庫、倉庫、小規模工場が建てられる用途地域。延べ床面積規制が無い用途地域。
  • 商業地域・・・広義の風俗営業および性風俗関連特殊営業関係の施設も建てられる用途地域。高層ビルも建てられる用途地域。

住居に絶対適さない地域

  • 準工業地域、工業専用地域  (記述は省略します)

中古住宅価格

価格は税抜き物件価格です。さらに売主の希望価格です。購入の際は諸費用が必要です(だいたい8~10%)。

中古住宅の情報を探す手段

一番確かな方法は自分の信頼できる営業マンを見つけることです。
そして自分の条件と資金計画をしっかり話しておくことです。中古住宅情報は各メディアに掲載されるもの以外に、業者間の情報を直接見込み客に提供する場合も多いです。
中古住宅には掘り出し物件はありません
中古住宅を購入する際は、いかに適正価格で購入できるかが勝負となります。その意味でも営業マンにしっかり自分の条件を伝え、適正物件を適正価格で紹介してもらう関係を作り出すことが大切です。

a:3263 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional