はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

現地案内注意点

現地案内について

現地を案内する場合は、現地待ち合わせをお勧めします。自分で地図をもとに現地にいくことによって付近の状況がわかりますし、営業マンとのかかわりを少なくすることもできます。良い営業マンならば時間をかけて話を聞くことが大事ですが、キャリアが短い営業マンは次から次へと物件を見せたり事務所で話を持ちかけたりしてなかなか帰してくれません。

  • 物件の悪い面を話さない営業マンに注意!
    一番関わりたくないタイプです。物件の悪いところを言わないでそのまま契約に持ち込もうとします。しかし少し勉強すれば目利きはできるようになります。物件の悪いところをいくつか見つけておき、わざと「この物件の悪いところはどこですか」「どうしてお客さんがすぐ購入しないのですか」と質問して相手を見分けました。
  • 「あてブツ」を使う営業マンに注意!
    「あてブツ」とは不動産業者が売りたい物件の前にわざと条件が悪い物件を見せて、売りたい物件を引き立たせるために使う物件のことです。適正条件での比較ができませんので、「あてブツ」を使う営業マンはやめましょう。

内覧会同行サービスについて

インターネットで内覧会同行サービスを検索します。費用(1回6~10万円程度)がかかりますがプロの目で物件の評価をしてくれます。いくつか物件を見て気に入った物件が有って契約しよう考えているときにはぜひ利用しましょう。何千万円の買い物です。10万円前後の出費は安心料として考えれば安いものです。

a:3744 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional