はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

登録免許税

登録免許税は意外と高額!!

中古住宅を購入する際に必ずかかる税金には印紙税不動産取得税登録免許税があります。登録免許税国税で、中古住宅を購入した際に所有権移転登記を法務局に行う時に収めます。

一般的には司法書士の先生が納めて、司法書士の先生の報酬と同時に請求されます。(司法書士の先生の報酬と混同しないようにしっかりチェックしましょう)

登録免許税の課税標準額

登録免許税の税額の基となる課税標準は、固定資産課税台帳に登録された価格です。また抵当権の設定登記などの場合には債権金額が課税標準となります。

登録免許税の税率(中古住宅購入の場合)

所有権移転登記・・・・・2.0%
住宅ローンを借りた時に設定する抵当権設定登記・・・0.4%

フラット35の抵当権設定登記

平成19年4月1日以降はフラット35借り入れの場合も登録免許税が課税されることになっております。
ネットや古い書物でチェックするとフラット35には登録免許税がかからないような記述

登録免許税特例税率

平成23年3月31日までの土地を購入した場合のみに適用される措置です。
土地の所有権の移転登記

・・・1.3% (平成22年3月31日まで)
・・・1.5% (平成23年3月31日まで)
a:5715 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional