はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

確定申告

確定申告

住宅を購入した翌年は住宅ローン特別減税の適用を受けるため、確定申告を行います。

住宅ローン特別減税とは

住宅の購入にローンを使用した場合に適用される控除です。
サラリーマンの方は1年目は税務署で申告し、2年目以降は年末調整で行います。

さらに平成21年に住宅を購入し、入居した方で住宅ローンがある場合、年末のローン残高に対して一定の割合で、10年間最大500万円の所得税の控除が受けられます。

これが住宅ローン特別減税です。

住宅ローン特別減税の適用条件

  • 住宅ローンの返済期間が10年以上であること
  • 控除を受ける年の給与収入が3千336万以下であること。(正確には所得が3千万以下であること。給与収入では3,336万8千円以下であること。普通のサラリーマンならば通常は適用されます。)
  • その年の12月31日まで引き続き6か月以上居住していること
  • 住宅の2分の1を自分の居住用として使用していること。(住宅ローン特別減税の対象は居住用の部分のみです)
  • 住宅の延床面積(登記簿上)が50㎡以上であること。
  • 築年数による制限:木造⇒築20年以内、耐火建設⇒築25年以内 の物件であること

住宅ローン特別減税を受けるため必要な書類

  • 住宅ローンの年末の残高証明書(銀行より発行されます)
  • 売買契約書の写し
  • 住民票
  • 登記簿謄本
  • 源泉徴収票
  • 認印
a:20526 t:1 y:1

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional