はじめて中古住宅購する方へのノウハウ集

資金計画

資金計画

住宅購入資金計画をしっかりたたてよう!

資金計画について
不動産広告は中古住宅の価格のみ記載されております。
中古住宅を購入するときはそのほかに「諸費用」がかかります。一般的に8%くらいの費用を見込んでおいたほうが良いでしょう自己資金は物件価格の20%位は用意したほうが良いと思います

自己資金ゼロで購入できるような事を言う営業マンもおります。
これは物件の評価額を高く設定して自己資金分もローンで組んでしまう方法です。しかし自己資金分も利息の支払い等が発生するため、あまりお勧めできません。

中古住宅購入の資金計画を立てる際に検討する項目は次の通りです。

中古住宅の物件価格、仲介手数料、契約書印紙税、表示登記費用、所有権保存登記費用、抵当権設定登記費用、火災保険、銀行ローン保証料、銀行ローン印紙税、固定資産税、引っ越し費用、最低限必要な家具、カーテン、照明器具等

銀行ローン

銀行ローンには多くのタイプがありますが、金利が低い時には「固定金利型ローン」をお勧めします。しかし固定金利型商品は変動金利型商品より金利は高いです。
今は銀行のホームページで簡易試算ができますので十分に検討して借りたほうが良いでしょう。
商品の種類が非常に多いので全部について比較することは困難ですが、いくつか試算してみると大体の傾向がわかります。自分にあった商品を見つけましょう。

原則は公的融資をまず検討し、次に銀行融資を検討することです。勤め先に住宅融資制度がある場合はそれも検討します。

a:4598 t:1 y:0

ホームヘルパーへの転職  中高年の転職100%成功法  ビジネスマン・OL・学生・主婦に人気の転職に有利な資格 ホームヘルパー2級を取得しよう  初めての中古住宅購入
解雇について深く知りたい方・・こちらのサイトをご覧ください!

powered by Quick Homepage Maker 4.15
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional